胸を大きくするには、食事がポイント!

トップページ
お気に入りに追加
  

胸を大きくするには、食事がポイント!

40f8970f6d4d71678b9f13c00265354d_s

昔から日本の女性は欧米の女性に比べて、バストが小さいイメージがありますが、最近の若者は食生活が欧米化していることもあって、バストの大きな女性がかなり増えています。

胸の大きな女性が増えれば増えるほど、逆に胸の小さな女性が目立ってしまいます。胸の大小で女性の魅力が決まるものではないとわかっているものの、やはり、小さな胸は恥ずかしいと感じている女性はとても多いのです。

胸を大きくする確実な手段としては豊胸手術がありますが、後遺症や経済的なことも考えると、なかなかそこまでは踏み切れない方も多いことでしょう。

手術などに頼らず、自然に無理なく胸を大きくするには、毎日の食事を見直してみるのがおすすめ。バストアップの鍵を握るのは食事の改善なのです。

胸を大きくする効果のある食材はコレ!

胸を大きくするには、女性らしい体に導いてくれる女性ホルモンが必要不可欠です。女性ホルモンは年齢とともに減少していきますので、女性ホルモンを活性化させる食材を積極的に摂りたいものです。

女性ホルモンを活性化させる代表的なものが、大豆に含まれるイソフラボン。大豆イソフラボンは豆腐、おから、納豆、みそ、高野豆腐などに豊富に含まれます。

また、キャベツに含まれるボロン(ホウ素)という成分は女性ホルモンのひとつエストロゲンの分泌を高める効果があります。

さらに、胸を大きくする土台づくりとして欠かせないのがタンパク質。タンパク質は筋肉や血や骨を作り、ホルモンの分泌を促す働きがあります。

低カロリーでタンパク質の多い鶏ささみ肉は、バストアップには特におすすめの食材です。

胸を大きくするには、姿勢が大事!

バストアップと姿勢、一見、無関係に思えますが、実は、胸を大きくするには姿勢が重要な鍵を握っているのです。

前かがみになってみるとわかりますが、猫背で姿勢が悪いとバストのトップ位置が下がります。逆に、肩甲骨をくっつけるイメージで胸を張ってみると、バストトップはぐっと上がり、それだけでバストサイズがアップしたように見えます。

胸を大きくするには大胸筋を鍛えるとよいイメージがありますが、実は大胸筋だけに限らず背筋や腹筋、二の腕や胸の内側の筋肉も、バストアップに大きく関係しています。

これらの筋肉がトータルに鍛えられていればバストの脂肪が他に流れることを防いだり、脂肪をバストに定着させて、大きくすることができるのです。

さらに、姿勢を改善すると体全体の血液の流れがよくなり、代謝が上がり、栄養も運ばれやすくなるためバストアップの効果も高くなります。

前かがみになった「巻き込み肩」の状態だと、背中の筋肉が硬くなり、筋肉が縮んだ状態になります。筋肉が縮むと代謝が落ちて脂肪がつきやすくなり、バストが垂れやすくなるので要注意です。

2313ba3fc4e9330bd566530743bc5dbd_s

バストアップに効く正しい姿勢とは?

胸を大きくするには、正しい姿勢を体で覚えることが大事です。正しい姿勢は壁を使うとイメージしやすいのでおすすめです。

まず、壁にかかとをつけて立ち、頭、肩、お尻、ふくらはぎがすべて壁につくように立ちます。

壁がなければ、頭の中心から吊られているような状態をイメージし、背筋をピンと伸ばし、耳、肩、骨盤、ヒザ、かかとが一直線になるように意識して立ちます。

あごは軽く引いて、おへそに軽く力を入れます。あまり胸を張りすぎると腰がそって腰痛を引き起こす原因となることもあるので注意しましょう。