バストアップしたい!即効性のある方法とは?

トップページ
お気に入りに追加

バストアップしたい!即効性のある方法とは?

即効性のバストアップ方法はあるの?あったらすぐ試したいですよね。

でも一度試したら、もうバストが上がりっぱなしなんて夢のような方法は残念ながらありません(手術なら可能です)。ただ、ちょっとでも早く変化が出たら嬉しいですし、そこからもっと続けたくなりますよね。

世の中にはバストアップの方法がいくつもありますが、今回は特に即効性のあるものを紹介します。

バストの反応を実感したら、ますます希望がふくらんできますよ。

バストアップで一番の基本は?

基本的には健康でなければバストアップはあまり期待できません。例えば病気だったり怪我をしていたら、身体はそれを治すことを優先に働きますから、バストアップは二の次です。もちろん慢性疲労とかでもです。

バストアップはしたいけど、寝不足、食生活も乱れぎみ、ストレスいっぱいでは胸にエネルギーがいかないのです。

睡眠不足に気を付ける

人間ですから完璧な健康は難しいですが、多少の波があっても、身体を大事にすることは意識しましょう。

健康に少しのゆとりが生まれたときに、身体は機能的で美しくなっていきます。健康であることは基本なのです。

バストアップに必要なことは?

まずバストが大きくなる仕組みを説明します。

乳房の中には乳腺という組織が張り巡らされていて、その乳腺の周りには脂肪が付いています。その脂肪が乳房を形成しています。この脂肪が増えることが胸が大きくなるということなのです。

そして女性ホルモンが分泌されると乳腺は発達します。このとき乳腺は乳房の中に放射状に伸びて増えていきます。

乳腺は大事な組織で、それを守るために周りの脂肪も増えていきます。その結果バストが大きく成長するのです。これがバストアップする仕組みです。

つまりバストアップを目指すなら女性ホルモンを安定させて、この仕組みをスムーズに機能させることが重要なのです。

その方法としてじっくりゆっくり効果が出る方法と、早く効果が実感できる方法があるのです。

では、その両方を次に解説しますね。

バストアップの方法で即効性がないもの・あるものは?

即効性があってもなくても、どちらも女性ホルモンの分泌には重要です。

◆ゆっくりじっくりバストアップ効果が出る方法

  • 日々の生活に規則正しいリズムがある
  • 食事のバランスがとれていて、バストアップに有効な栄養を摂っている
  • 快適な睡眠がとれている
  • ストレスを溜め込んでいない
  • 適度な運動をしている
  • バストアップのためのツボ押し
  • バストアップサプリを摂っている(必ず摂取したほうが良いわけではありません)

スタイルを気にする女性

ほぼ日々のライフスタイルに関係しますね。即効性がなくても、これらが良好なほど女性ホルモンが安定して分泌されやすくなり、バストアップするということです。

実行してすぐにバストアップの体感は難しいですが、とても大切な部分です。

◆バストアップの即効性がある方法

  • バストアップ マッサージ
  • バストアップのためのエクササイズ

マッサージは直接的に胸に働きかけ、エクササイズは胸周りを動かしますから即効性が期待できます。

女性ホルモン分泌も促されると同時に、胸の周囲のリンパや脂肪・筋肉にも即影響があります。もちろん個人差はありますが、数回でバストアップを体感できるでしょう。

それでは次に即効性のあるバストアップ方法の手順をお伝えします。

バストアップ マッサージのための姿勢づくり

バストアップ マッサージを行う姿勢に無理があっては効果も半減。正しい姿勢を作ってからエクササイズに望んでください。

1.マッサージの前の姿勢づくりとエクササイズ

  • イスに楽に座ります。
  • あたまのてっぺんから一本の糸で吊り上げられているように姿勢を正し、余分な力を抜きます。マッサージ中はこの姿勢を維持できるとよいです。力を入れて胸を張ったり、腰を反ったりはしないでください。

2.上半身のバランスを整えるエクササイズ

  • 1の姿勢で両手の指先で肩の先に触り、そのまま肘と肩甲骨を前から後ろへ回します(10~20回くらい)。
  • 後ろへ回すときに息を吸って、肘をおろすときに息を吐きます。
  • まわし終わったら手を下げ、1回深呼吸をします。

このエクササイズで肋骨・肩甲骨のゆがみが整いやすくなり、胸周りの筋肉が正しい位置に収まってきます。同時にバストにも栄養がいきやすくなります。このあとのマッサージの効果があがりますから、覚えてくださいね。

ではここからマッサージにはいります。

バストアップマッサージの手順

マッサージは、強くグイグイ押したりひっぱったりはしません。やさしく撫でるように行います。呼吸は常に楽に続けてください。

慣れないうちは、いつの間にか力が入りすぎてることがよくあります。ひとつのマッサージを終えたら、一度ふっと力を抜きましょう。

また、あたまから糸で吊り上げられたイメージの姿勢を保つことを忘れないでくださいね。

1.肘~二の腕の裏~脇~デコルテへとなでる

右腕を肩の高さに上げ、左手のひらを右手の肘にあてます。力を使って皮膚を強く引き寄せないようにします。二の腕からの脂肪が、デコルテの方に移動してくるイメージはしながらなでます。5~10回行い、最後にデコルテのところに手のひらをあてたまま2回深呼吸します。ここはこれでおわりです(反対側も行います)。

2.肩甲骨~脇~デコルテへとなでる

左手を右の脇の下から、背中側の右肩甲骨に触れるように通します。背中の脂肪が胸側に移動してくるイメージで行います。5~10回行い、最後にデコルテに手のひらをあてたままにして2回深呼吸します(反対側も同様に)。

3.脇をほぐす

脇の下に親指以外の4本指を差し込み、親指はその前に出して脇をつまんで、やさしくもみほぐします(10秒程度)。

4.お椀の型をイメージして胸をマッサージ

手のひらは親指を開いてL字にします。胸の下から手のひら全体で、のど仏の方向に胸をなで上げます。乳頭の上を通ってください。左右行います。

5.乳腺マッサージ

手のひらで乳頭周りから乳房の周りを、円を描くようになでます。なでながらもバストを持ち上げるようにしながら行います(5~10回)。

6.胸に脂肪を集める

両腕を胸の前でクロスし、それぞれ手のひらを脇に入れ、背中側の脂肪を手前に持ってくる意識をします。猫背にならないよう身体を起こし、深呼吸を2回。胸にたっぷりの空気が入るイメージをしながら。腕の組み方を変えて、もう一度同じことをします。

マッサージは以上です。長くたくさんやったほうが良いとは限りませんので、マッサージ全体で10分くらいを目安にしてください。

最初に鏡で自分の胸の状態を見ておきましょう。そして終わったときにも鏡を見て、胸が真ん中に集まっているように見えたり、横からの胸の位置が高くなっているか確認しましょう。

これでバストのカップが1サイズアップした人もいます。

※マッサージ中は顔がつい下を向きがちです。バストアップには、顔は下を向かない方が良いので、慣れたら目ではあまり胸を見ずに行いましょう。

バストアップマッサージのほか、エクササイズやツボに関する情報はこちらがとても参考になります。

  ↓ ↓ ↓ ↓

参考:http://www.totalsolareclipsefestival.jp/

マッサージ効果はどのくらい続きますか?

一回行った場合・・・

身体の健康状態によりますが、半日の人もいれば2日くらいの人もいます。だいたい一日と思って良いでしょう。おおよそ一日一回マッサージするくらいの目安が良いですね。

でもこの繰り返しを続けていくと、一回の効果も大きくなって、その持続時間は長くなっていくんですよ。最初のうちはまず続けることが大事です。

覚えるまでは、力んだり息を止めたりしがちですが、すぐに慣れて、スムーズにできるようになりますからね。

即効性がないもの・あるものは両方大事

今回は、即効性のあるバストアップ方法をメインにお伝えしました。ただ即効性がない方法もとても大事です。

それはバストアップ以外にも健康全般に関係しているからです。日々の健康が崩れていては、「即効性」の効力が下がってしまいますからね。

またライフスタイルも快適に保ちましょうね。そして今回のエクササイズとマッサージを試してください。変化を実感すると、さらにモチベーションがあがりますよ。